ブログ

アロマショップで多い質問に答えてみた!

こんにちは!
アンスリールの店主、鷲田(わしだ)です。
ちょっと難しい名字だから、よかったら『わっしー』って呼んでください…♡
プリーズ・コール・ミー わっしー(笑)

さて今更ですが、アンスリールは金沢にある小さなアロマ専門店(アロマ商品販売、アロマ関連各種講座、アロマトリートメントサロン)です。
そう!わたし、アロマ屋なんです(^^)
(わたし一人で営んでいるお店アロマだから、お買い物の際でも基本は完全予約制でお願いしています!!)

営業時間中はいつでも扉の開いているスーパーや本屋さんと違って、美容院のように完全予約制なので『ショップ感』が薄いですが…💦
実はアロマ関連商品のお買い物目的で当店を利用されているお客様は、毎月20名ほどいらっしゃいます…

…何が言いたいかというと、『完全予約制ということでちょっと敷居の高い感がありますが、引かないで〜』ってこと!
みんな結構アンスリールでアロマ商品の買い物してくれてます(ひっそりと♡)

わたし、目は細いですが(関係ない…笑)わりと人当たりの良い方で”誠実性だけは間違いない”と自負していているので、アロマ買ってみたいな…って方はどうぞお気軽に問い合わせてみてください!

※『買い物』のご予約の場合は30分程度お時間を空けてお待ちしております。
その間に相談に応じて香りも試しながらあなたに必要なアロマを選びます(^^)

アロマショップで多い質問はコレだ!!

おっと前置きが長くなりました💦
今日はそんなアロマショップ定員歴10年のわたしが、アロマショップで多いご質問に答えます!

精油やブレンドオイルを入れた遮光瓶って再利用出来ますか?

もちろん出来ますとも!
しかし空いた瓶をそのまま使い回すのはよろしくありません💦
例えば空になったジャムの瓶を再利用する時も、必ず中身を綺麗に洗いますよね?それと同じ。
スッキリ使い切ったと思っても、瓶の底に古いオイルが残っていたり、中栓内にこびりついていたりしますからね。

ただ油分を含まないので水だけで綺麗に洗い流せるジャム等と違って、精油は水に溶けませんから水で洗い流すだけでOKという訳にはいきません…

ということで精油やブレンドオイルの入っていた遮光瓶を再利用するための3ステップ〜!!

①蓋を空け中栓を外し、台所用洗剤で綺麗に洗う
②瓶の部分だけ、煮沸する(3分間)
③瓶と蓋・中栓を天日干しして、水分をしっかり乾かす(数日かかります)

※蓋と中栓に関してはプラスチック製なので煮沸ができません。無水アルコールで拭き取るとなお良いです

③の工程にはそこそこ時間がかかります。
日照時間の短い北陸の秋冬だと1週間くらいかかります(北陸の冬なら、天日干しよりエコアン直下で乾かすほうが早いかも)
一瓶空いたら煮沸消毒ってやてると、結構時間がかかるので3〜4ケ月に1回5〜10本くらい空き瓶が溜まったら一挙に洗っちゃう…ってすると楽ちんです。

ちなみにアロマコロンやハーブウォーターの入っていたスプレーボトルも1回で捨てちゃうのはもったいない!
プラスチック製のスプレーボトルなら

①台所用洗剤でよく洗う
②スプレー部分に石鹸液を通して10〜!!20回ほどスプレーする
(あるいは無水エタノールを10〜20回程度スプレーする)
③水分がしっかり飛ぶまで干す

環境保全の観点から見ても、お財布の観点からみても上記の方法で再利用するのがオススメ♡
でもココロとカラダにどうにも余裕がなくって、洗う暇がない…💦
使用済みの瓶だけが山のように溜まっていって…なんて時には捨てちゃうことがあっても良いと思います。。
わたしもありますよ、そんな時。たまにはズボラで面倒くさがりな自分もあり!
癒やしのためのアロマテラピーが、負担になってたんじゃ意味がないもんね…

そこそこ手間がかかるので、皆さんの負担になりすぎないってコトが大事。
遮光瓶は10mlサイズで1本250円前後のものが多いです…ド○ールのコーヒー1杯分くらいの価格でしょうか??
もう忙し過ぎて250円のためにそこまでの時間コストを割けないって時にはお住まいの自治体の指示に従って、捨ててください…。

▶精油の瓶の捨て方
金沢市では精油の瓶は『埋め立てゴミ』で捨ててください。
※アンスリールのある石川県金沢市では【食べ物・飲み物・調味料の瓶以外】は基本埋め立てゴミだそうです。
ちなみに直接金沢市役所に問い合わせてみたところ、金沢以外でも基本は上記の分類が適応されていることがほとんどだそうです(全国どこでも精油の瓶を捨てる際には埋め立てゴミが妥当っぽい…)。
しかし管轄が違えば異なる場合もあるそうので、念のためお住まいの自治体に確認をとってみてくださいねm(_ _)m

キャップにまつわるお話し

めーかーにもよりますが、精油瓶のキャップはバージンキャップが使われている事が多いです。
バージンキャップってこんなやつ↓

写真のようにバージンキャップはキャップの下にネックリングがついてます
一度開封すると、このネックリングがキャップから離れて本体に残る仕組みになっています。
こんな風ですね↓

ネックリングがキャップにくっついている状態だと未開封が保証されるって訳。
改ざん防止などセキュリティ強化に役立つって訳です。

なんと心強い!!
しかし!!このネックリングの役割は開封と同時になくなるってわけですね…
はい、なので開封と同時にネックリング捨てちゃえばよいです。
(10年もアロマショップやってた癖に、このことに気づいたのはつい1〜2年前のことだったりします…意外と知らない人が多い!!!!)
と言うのも、ネックリングが本体の残ったままだと、瓶の口周りのお掃除がしづらい💦
ネックリング付近に精油が垂れてこびりついたりして衛生上よろしくないことが起こりやすいッス。
ですから皆さん、バージンキャップ利用の遮光瓶は開封と同時にネックリング捨てちゃいましょう〜
※ちなみに精油使用後はその都度精油瓶の口周りをティッシュで綺麗に拭き取ることがおすすめです!

アンスーリへの各種お問い合わせ、ご予約は…

アロマのお買い物やご質問やお申込みその他、各種お問い合わせやご予約はラインよりお気軽にどうぞ!
店主と一対一トークが可能です\(^o^)/
どうぞ登録よろしくお願いいたします!
友だち追加
そのほか、お問い合わせ・お申し込みも受付中。(LINEでもできます)
メール:コチラから。
お電話:【080-6364-2101】から。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

ちなみにアンスリールではアンスリール・オンラインアロマ部というアロマテラピーのオンラインサロンを運営しております。アロマ好きならだれでも利用可能なアロマテラピーのオンラインサロン。月々1,500円+税で、スマホさえあれば誰でも参加可能です〜
アロマ部に関して詳細はコチラを御覧くださいませ(^^)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る