ブログ

緊張対策アロマ

10月9日体育の日!体育の日にも関わらず、運動量少なめのな講座デーを送っている店主鷲田です。
(あ、講座は熱弁をふるいまくるので暑苦しいと自負しています!←暑苦しいって。。肯定的に捉えて良いのか???)
さて今日はアロマスクールのレッスンでした。

 

終わり際に受講生さんからこんなご質問を言い残して行かれました。

緊張に効果的なアロマないですか?
今度、会社で社長や理事長などお偉い方々を前に講演をしなくてはいけなくなって。。そんな偉い人を前に私が何を喋っていいのやら、怖くて仕方ありません( ;∀;)
アロマで何とかできませんか?

 

 

た、大変ですね💦💦
かしこまりました!一丁アロマで何とか対策を考えてみます。

私がこの生徒さんにお勧めしたい緊張対策アロマレシピはこちら。。
〇ローレル…5滴
(自律神経調整作用や精神活性作用、活力増強作用が期待できます)
〇フランキンセンス…5滴
(“私なんか。。”と委縮してしまうと気持ちもふさぎがちです。抗鬱作用の期待できるフランキンセンスで前向きな思考を手に入れましょう!)
〇ラヴィンツァラ…5滴
(神経強壮作用が5段階評価中4!実はメンタル面にも使える精油!)
〇ジュニパー…5滴
(自律神経調整作用が期待できます)
上記精油をキャリアオイル10mlで希釈します。
【使い方】
講演予定日の3週間ほど前から毎朝腰に5滴塗布します。
講演直前にも腰に塗布、その後この香りを思いっきり吸い込んで、胸を張って前を向いてお話ください!
また当日は真っ黒な濃いアイラインを引いていくことをお勧めします!

【ご注意ください】
ローレル精油はアレルギー体質の方がアレルギーを示す可能性があることが知られています。
念のためパッチテストをし、安全性を確かめてからご利用ください。

(↑商談前なんかも緊張します。いくつになっても緊張場面ってありますよね💦)

さて。『緊張』と言う言葉一つとってみても色んなタイプの緊張があると思うんです。
例えばですが、
①心臓バクバク。原稿はすっかり飛んでしまって頭が真っ白になってしまうタイプの緊張
②緊張場面でも原稿を忘れることはないけど、講演の数日前から夢(しかも悪夢になって)出てきてしまうタイプの緊張
③周囲の顔色が気になって、委縮してしまうタイプ。発表する声も小さく背中が縮こまってしまうタイプの緊張
④体がガチガチで、周囲を見る余裕が一切なくなってしまうタイプ。このタイプは声は大きいけど、目線を配る余裕がなく、一点を凝視してしまいがち。

言葉で言うとおんなじ『緊張』
でもどう表出されているかは上記のように微妙に違います。
恐らく上記①~④の緊張という状態はその発生機序が違うのだと思います。

であればこのそれぞれに対して、お勧めな精油も変わってきて当然ですよね。
今日の生徒さんは『上司の顔色が気になって、小さくなってしまう』と言うことでしたから、上記で言うと③タイプの緊張ですよね。
このタイプは委縮から体が縮こまってしまいやすそう。であれば交感神経を活性化させ、戦闘モードに切り替えることで自らの意見を積極的に出していけるのではないかと思います。その辺を考慮にいれると、お勧めは上記アロマレシピという訳。

私も緊張しいですが、人前で話す時、聴衆の目が気になり過ぎるということはあまりないです。
(そりゃ多くの人の目に晒されるなんて、非日常ですから多少は気にもなりますが、気になり過ぎて言葉に詰まるほどでもない。。)
また緊張し過ぎて話す内容がぶっ飛んだという経験もないです。
でも昔から家族に”心配性だ”の“緊張しいだ”のと言われるほど、イベント数日前から色々考えて寝付けないなんてことは多々ありました。寝付いたところで、失敗する夢を見ちゃうとかいうことも( ;∀;)つまり私は②のタイプの緊張を起こしやすい。

だから一口に緊張と言えども人それぞれ…ならば対策アロマレシピも一口には語れないって訳です!
じゃあ、私に合った対策は?!と思ったそこのアナタ!
はい、サードメディスンチェックで確かめてみるのがお勧めです。

色々な健康法や療法は知ろうと思えば知れますが、どれが自分に必要か、フィットするのか。。。それを簡単に知れたらよいのに。。と思った事はありませんか?
サードメディスン理論とは“嗅覚から体質や状態を簡単に読み解く発明”と、“様々な健康法や療法を分類する法則の発見”で成り立つ理論です。

アンスリールでは
〇STEP1:サードメディスンの世界へ誘うサードメディスン入門講座
〇STEP2自分でサードメディスンチェックが出来るようになるサードメディスンアドバイザー基礎講座
を開講しております。

認定講座開催スケジュールなどはこちらよりご確認頂けます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております。

お申し込みお問い合わせはこちらからどうぞ。
また、お電話やFacebookメッセージ、LINEからも受付中です。

 

LINEの登録も募集中です(^^)
友だち追加

 

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る