ブログ

アロマdeさっぱりクリームを作ろう・続編

昨日のブログでは私が愛用しているさっぱりクリームの作り方をご紹介しました。

5059811906280

そしてこのさっぱりクリーム、使い心地大好きだけど作るのはイライラしちゃうこともカミングアウトさせて頂きました!!
自分のこと言うようでこっぱずかしくはありますが。。

●こうと決めたら猪突猛進しちゃう人!
●結構ストイックに自分を追い込む癖がある人!
●ぼ~っとゆっくり休むことに罪悪感がある人!

(これ、サードメディスン的に考えると、ある偏りの特徴が顕著に表れています)
こんな傾向に思い当たる節がある方は恐らく、さっぱりクリームのテクスチャーが好きなはず!

このタイプの人は恐らく皮膚表面からの皮脂分泌はそこそこあります(皮膚の抵抗性はあるはず。。)
なのでシアバターなどのこってりとした保湿力は重たく感じる。。。
そこそこ皮脂も出てるので化粧崩れもしやすい( ;∀;)
日中頑張っちゃうので、夕方を迎えるころには疲れ切って消耗。。。やつれた表情な上に目の周りも落ちくぼむ。。。( ;∀;)

このタイプの人は皮膚表面の油分というより、恐らくお肌内部の水分不足(真皮層の水分保持力が弱い=コラーゲンやらエラスチンやら少なそう💦)。。。なので夕方目の周りが落ちくぼむんですね。。。😢
デパートの化粧品売り場とかでスキンチェックを受けると「水分量が少ないですね~」って言われて、ハリをupさせる高い美容液を勧められる(けれど、結構我が強いので結構ですと食い気味に断れるという。。。笑)

(↑あ、私のこと言ってるんですけどネ)
でもこういうタイプの人って私だけでなくきっとそう。。。(だと思う)
サードメディスン理論で考えると説明がつきます。。。(詳しくはチェックをうけてください~)
なので油分は少なめのサラッとクリームがおすすめというワケ。

上記の私の特徴から考えるにこのタイプのお肌は‟皮膚表面の抵抗力upさせて外敵刺激に負けないようにする!!”というよりは‟お肌内部を修復する。。。細胞一つ一つに栄養や水分を与え、ふっくらを立て直す修復するというケア”が必要そうなのが分かります。

5059811361947

であるならばッ!クリームに加えるオススメ精油、勝手にTOP3~!!
1位 ローズマリーベルベノン
お肌のアンチエイジングにもよく使われる精油。
この精油は‟皮膚組織再生作用”‟瘢痕形成作用”に優れます・・・なんだか、いかにもお肌の修復に効果的な感じですよね。。
瘢痕形成作用というのは総省治癒とも言われ‟傷を治す”働きを指します。
傷口を治すためには周辺の修復細胞がコラーゲンを生成していく必要があります。。。つまりこの瘢痕形成作用、『ケガしていないから嬉しくもない作用』ではなく水分や弾力不足(=コラーゲン不足)のお肌には重要ってわけです!
ちなみに私、傷の直りものっすごい遅いデス。。(どのくらい遅いかって、これはママさんあるなるなのですが、赤ちゃん産んで授乳をしていると摩擦で乳首切れちゃうってことがよくあります。普通出産後1週間程度の入院期間中によくなる方が多い中、私は傷が3ケ月治らなかった程です!!)
これ決して私個人だけの話でなく、TM(サードメディスン)理論で考えれば、上記ような性格傾向の人は傷の治り遅いと考えられるんです!(いや~性格傾向と傷の治りにくさに関連があるなんて、びっくりじゃありませんか??ほんっとサードメディスンって面白いデス←しつこい)

2位 ラベンダースピカ
アンスリールにある90種類の瀬油の中で瘢痕形成作用に優れるナイスガイです!『やけどの傷跡には絶対コレ!!』っていうので有名な精油です。つまりコラーゲン生成のための力強い助っ人ってわけです

3位 セージ
こちらも瘢痕形成作用のある精油です。しわ対策などスキンケアに使われることも多い精油。
(※禁忌事項があるので取り扱いには十分に注意が必要です)

ということで私はこれらの精油をブレンドに加え、お肌弾力upのさっぱりクリームを作ってみました~

ちょっと『乞うと決めたら猪突猛進、ストイックな面がある、ゆっくり休めない~』というアナタのお肌にもきっと合うんでは?!是非お試しください♪

ということでサードメディスンチェックの結果からはお肌状態も予測が出来ます!
私の乾燥はどこから来ている。。。なんていうことは頭でいくら考えてもはっきりとは正解が見えてきませんよね。

サードメディスンチェックで自分にとってベストなスキンケア方法を選びませんか?

●サードメディスン理論事自体に興味がでちゃった人は入門講座のご受講がおすすめです!
【サードメディスン入門講座お申し込み受付中です】
※1日集中講座。。。10/22(土),11/5(土),11/9(水),11/15(土)
平日2回/3回コースは随時受付中!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る