ブログ

感染対策に…アロマハンドソープのすすめ!

こんにちは!
アンスリール店主・わっしーです。

早いもので2020年も今日でおしまい。
2020年のブログ納めということで『どんなテーマで締めようかな…??』と考えていたのですが。

新型コロナウィルスという未曾有の恐怖が世界中を襲った一年…来る2021年もまだまだwithコロナ時代が続きそうです💦
国や自治体の動き、そして感染状況が日々変わる中、生活者である我々一人ひとりがきちんと感染対策の意識を持って、実践していかなければならないんだろうなぁ…と思います。

そこで2020年ラストのブログテーマはこれに決めました!

withコロナ時代に…アロマハンドソープのススメ

手洗いマスク着用ソーシャルディスタンスの保持三密回避換気等々…今年は様々な感染対策や新しい生活様式の導入が励行されてきました。
中でも手洗いは、最も簡単で基本的な感染予防策。
しかし医療従事者の方々でさえも、これを常に正しく行うことは非常に難しいそうで…💦

手洗いは最もシンプルで簡単な感染予防策だけど、実践がかなり難しそう…と言えそうです。

精油は抗感染対策に役立つ!!
精油というのは元来、植物が自身を守るために作り出した成分。
だからこの世界に蔓延にするウィルスや細菌、真菌などの感染対策として有効なものがたっくさんあります!
そう❗精油には抗ウィルス作用や抗菌作用、抗真菌作用など感染対策に一役買ってくれるものがたくさんある…!!

香りは一瞬にして気持ちをリラックスさせる!!
精油には香りが付き物です。たかが香り…されど香り…❗
香りの作用とは不思議なもので一瞬にして人の気持ちを寛がせる働きがあるんです。

あなたは張り詰めた会議中にコーヒーが差し入れられた瞬間、その香りの効果でふっと緊張の糸が解けた…なんて経験をお持ちじゃないですか??
張り詰めた会議中にコーヒーの写真やイラストを見せられただけではこうはいきませんよね…??
実はこれ香り(嗅覚)ならでは現象といえます。
(これには理由があるのですが、ちょっとややこしくなるのでまたいつかの機会に…)

ということでアロマハンドソープは感染対策に効果が期待できるだけでなく、香りの効果で手洗いを楽しくするツールにもなり得る…つまり手洗いを習慣化しやすくするための応援ツールにもなりそう!
ということで今こそ叫ぼうアロマハンドソープのススメってわけです!

感染対策!アロマハンドソープの作り方

わっしー店主イチオシ!アロマハンドソープにオススメの精油レシピ
新型コロナウィルスはじめ、各種のウィルスや細菌など…感染対策に有効であろう精油レシピをご紹介します!
▶ハンドソープにオススメ!アロマレシピ
・クローブ…1滴
・ゼラニウム…3滴
・ティートゥリー…2滴
・ユーカリ・ラディアタ…2滴
・ローレル…2滴

以上をせっけんの素50㌘に混ぜるというのが、わたしの基本レシピです。

【わっしー店長のつぶやき】
○クローブ…精油成分の中で最強の抗菌力と言われるフェノールを高比率含んでいます。このフェノール、抗菌力が強いのは良いけど皮膚刺激も強い💦しかしクローブ精油はフェノールを高比率含む精油の中では比較的皮膚刺激が優しい…ということでわたしはよくハンドソープに使用します😊
○ゼラニウム…皮膚に優しく、且つ抗菌作用に優れる…ということでスキンケアに最適な精油の代表格。クローブとの香りの相性も良いのでわたしはハンドソープによく活用します😊
○ティートゥリー…多種多様の抗感染成分を含むので、広範囲の感染症に幅広く効果が期待出来る精油!
○ユーカリ・ラディアタ…風邪やインフルエンザなどの呼吸器感染症に最適な精油。新型コロナウィルスにも効果が期待されます…!
○ローレル…ユーカリ・ラディアタとティートゥリーのいいとこ取りみたいなイメージの精油。皮膚への刺激もマイルドで、多種多様な感染症に効果が期待できる非常に優秀な精油です!

石鹸の素
石鹸のもとまで手作りするのはちょっと大変(劇物に指定されている苛性ソーダを買うなどしなくてはならない💦なのでわたしは市販のものを利用しています。
市販の手作り石鹸の素には、大きく分けて以下の2タイプがあります〜
①石けん素地(手捏ね石鹸、練り石鹸用の石鹸の素)

ザックリ言うと『石けん素地』で検索したらヒットしてくる商品。
(※石けん素地というのはざっくり言うと純粋な石鹸成分だと思ってください。市販の石鹸はこの純粋な石鹸成分に保湿成分や美容成分などを配合しています)
上の図のように粒状や粉末状です。
準備するもの
・石けん素地…50㌘
・精製水…10ml
・精油…10滴
(上記したハンドソープにオススメレシピをそのまま使用してもOK!)
※材料は目安です。購入された商品に添付されている説明書に従ってください※
作り方
石けん素地に少量の水と精油を加える→手でよく捏ねて形成→数日おいて水分を飛ばしたら完成!

一言メモ
今回紹介する3つの石鹸基材の中で、もっとも石鹸成分の含有率が高い…つまり洗浄力はコレが最強!
しかし完成までに時間がかかることや、他の基材に比べ泡立ちが悪い…💦
総括すると石鹸としてのチカラはあるけど、ちょっと作るのも使うのもちょっと面倒…というのがデメリットかも💦

②グリセリンソープ


純粋な石けん成分(石けん素地)にグリセリンが添加されているもの…着色がしやすいので『映え』観点から近頃、流行りな気がします(←うちの長女も2020年夏休みの工作に使用しました!)。
グリセリンソープは透明な固形状です。保湿成分であるグリセリンが高比率含有されているので、フェイスソープとして人気があります。
しかし水に溶けやすいのが玉にキズ…💦
準備するもの
・グリセリンソープ…50㌘
・精油…10滴
・耐熱容器
・マドラー
・石鹸型
作り方
耐熱容器にソープを入れてレンジでチン→粗熱がとれたら精油を加え、マドラーでよく混ぜる→石鹸型に移して、しばらく放置すれば出来上がり!
一言メモ
上記しましたが、水に溶けやすいので管理が大変です💦
きちんと水の切れる石鹸ケースに収納する必要がある…
感染対策の手洗い時に使用するというよりはフェイスソープがおすすめかも…💦
ただ精油とともに天然色素を加えることで、思い思いに着色することができます…
『手洗い意欲』をくすぐる事ができるので、小さいお子様にはオススメかも…

番外編
(手作り石けんの素として販売されている訳ではないのですが…💦)個人的に好きなのは泡(液状)の無添加ハンドソープ!
石鹸成分と水以外はなにも入っていない市販の無添加の泡(液状)石鹸(←成分の欄に『水、カリ石けん素地』とだけ表示があるもの)をベースに、精油を1〜2%程度混ぜていきます。
準備するもの
・無添加泡(液体)石鹸…300ml
・精油…60滴
(上記したハンドソープにオススメレシピを用いるなら、各々の精油の量を6倍にしてください)
作り方
上記2つをよく混ぜる!
一言メモ
作るのも簡単!使うのも楽ちん…香り立ちも良い…😍番外編ながら個人的にはアロマハンドソープの決定版と思っています。
大好き!←完全に個人的な意見です…笑

ということで思い通りにいかないことやしんどいこともなかなかに多いwithコロナ時代ではありますが、ピンチはチャンス…❗
来たるべき2021年もわたしたち一人ひとりがきちんと感染対策を実施し、打倒コロナ!を実現させたいなぁと思う今日このごろです…。
2020年のアンスリールの営業は本日をもって無事に終了致しました。
未曾有の事態が襲った2020年…このような状況下においても、皆さまから変わらぬご愛顧を頂戴し、10周年を迎えられたことを心より感謝申し上げます。
どうぞ2021年もよろしくお願い申し上げます❗
明日から1月4日までお休みを頂戴し、2021年は1月5日より元気に通常営業を再開致します。皆さまどうぞ良いお年をお迎えくださいませ😊

『ココロとカラダの不調改善にアロマテラピーを使ってみたい』と願うあなたにオススメ

□心身の不調改善にアロマを取り入れたい!」
□メディカルアロマについて興味がある!」
□アロマテラピーで毎日を快適に暮らしたい
そんな想いを抱えているあなたにお勧めは嗅覚反応分析士入門講座です!
たった6時間でメディカルアロマの基本が学べ、しかも翌日からすぐに使える実学的な講座です。
『精油って何?』から『精油の薬理作用』や『作用機序』、『禁忌事項』から『濃度計算』まで…明日からすぐに使える講座です。
【嗅覚反応分析士入門講座 開催予定】

・1日22(金)終日1回コース(6時間)

お申込み受付中です!
この他の日程についても応相談、また2回に分割しての受講やオンライン対応もしております。

今は余裕がなくて、講座を学ぶほどではないけど、アロマに興味がある…って方にはアンスリールではアンスリール・オンラインアロマ部というアロマテラピーのオンラインサロンを運営しております。アロマ好きならだれでも利用可能なアロマテラピーのオンラインサロン。月々1,500円+税で、スマホさえあれば誰でも参加可能です〜
アロマ部に関して詳細はコチラを御覧くださいませ(^^)

アンスーリへの各種お問い合わせ、ご予約は…

アロマのお買い物やご質問や各種講座やアロマ部のお申込みその他、各種お問い合わせやご予約はラインよりお気軽にどうぞ!
店主と一対一トークが可能です\(^o^)/
どうぞ登録よろしくお願いいたします!
友だち追加
そのほか、お問い合わせ・お申し込みも受付中。(LINEでもできます)
メール:コチラから。
お電話:【080-6364-2101】から。
どうぞ、よろしくお願いいたします!!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る