ブログ

簡単!アロマ入浴剤の作り方

寒くなってきましたね。。
アンスリールでもエアコンがマストになりつつあります…ブルブル。

こう寒くなってくると恋しくなるのがお風呂♨
実はアロマとお風呂は相性が良い!(と思う…)

●お風呂は湯温設定が出来ます
→そして温度は自律神経に影響を与えます(逆に考えれば、“温度をコントロールすることで自律神経系へのアプローチが出来る!”とも言えるのでは…??)
●アロマの嗅覚刺激によって神経系へアプローチが出来ます
⇒つまりお風呂に好きなアロマの入浴剤を入れると、温度とアロマのWパワーで自律神経系へ好影響が得られるんでは…♡

ということでお風呂でアロマを推したい派の店主、鷲田です。
しかし浴槽に精油原液を入れるのは、は賛成出来兼ねます!
何故なら、精油は水には溶けないから。精油は油溶性です。
だから精油原液を浴槽に垂らすと、”豚の角煮の脂が煮汁表面に浮いてくるような感じ”で精油原液が水表面に分離します。

また精油原液って実はとても刺激が強いです。その証拠にアンスリールの机の写真ご覧ください⇓

中央に見える丸い白色部分はクラフト作成中に、うっかり精油原液をこぼしてしまった跡です!
(こういった事態を防ぐため、アンスリールではアロマクラフト作成時にお盆を使用してます。ご自宅でアロマクラフト作成される際にも是非、お盆使用がお勧めです。)
そう、精油原液は塗料を溶かしちゃういことがあるります。
(※あッ!!この机はアンティーク調のものを購入しました。全てが汚れではないです…悪しからず)

この精油原液が分離して水表面い浮いてきて、皮膚を直撃するとどうでしょう…
お風呂のお湯って胸元あたりまでですよね。つまり皮膚が薄いデリケートな部分に精油原液が直撃することになります( ;∀;)これは皮膚トラブルの元!!

ということで精油原液は乳化(=分散)する作用のあるものに混ぜて、きちんとお水に乳化(=分散)させる必要があります。
お勧めは専用のバスオイル(乳化剤)ですが、買うのが面倒くさい、今すぐ使いたいって方のために。
家であるものの中で代用するならば、お勧めベスト3は…
1位 『コーヒーフレッシュ』

コーヒーフレッシュは乳脂肪分が高いため、油溶性の精油を溶かし込む力があります。
尚且つコーヒーフレッシュはコーヒーに溶けます=水に溶ける!
なんだか意外ですが、乳化作用という観点から見ればポテンシャルが高いのがコーヒーフレッシュ。
そして誰の家でも1個くらい冷蔵庫にありそうというのも1位に選出した理由の一つです。
【コーヒーフレッシュを使ったアロマバスオイルの作り方】
①コーヒーフレッシュ1個分に精油を10~20滴加えよく混ぜる

2位 お塩
お塩そのものに体を温め活性化するパワーも期待されます。
【お塩を使ったアロマバスソルトの作り方】
お塩20㌘に精油10~20滴を加え、よく混ぜる

3位 重曹+クエン酸で作成するバスボム
炭酸ガスが発生するので、血行促進!体の休息・回復に効果的です。
【アロマバスボムの作り方】
①重曹50㌘、クエン酸25㌘をビニール袋に入れる
②①に霧吹きを1~2PUSHほどの水を加える
(※水を入れすぎるとブクブクと二酸化炭素が発生しちゃうので、入れすぎ注意。でも少なすぎると固まってくれません…)
③精油を10~20滴加える
④③をよく揉み混ぜて、丸く形成→この時点でカチカチに固まります

※個人的にはこれがほぼ失敗のない黄金レシピだと思います。
“不器用ランキング”なるものがあったら、おそらく金沢市内でベスト3に入れるんじゃないかと思われる私でも失敗なく作れるんです!←全く自慢にならない…(´;ω;`)
水分を飛ばすため、放置する等という面倒な手順も不要でとてもお勧め!!
※作り置きする場合は精油を抜いた材料でバスボムのみを作成し、入浴前に精油をバスボムに垂らしてください(その際は②の工程の霧吹き2~3PUSHにするとよいです!)

【いずれの基材を使用する場合も注意したいこと】
※精油は揮発するのでアロマ入浴剤は入浴直前に浴槽に入れて、(全力で)攪拌することをお勧めします
※精油は揮発するので、作り置きはお勧めしません。
コーヒーフレッシュ使用の際は揮発早くないけど、長期保存には向かないと思いますので、作成後はその日のお風呂ですぐ使っちゃいましょう!

さて次回はタイプ別お勧めアロマ入浴剤レシピについてまとめます~

※          ※          ※          ※          ※

他にももっと生活に活かせるアロマの知識を知りたい!
心身の不調改善にアロマを取り入れたい!
メディカルアロマについて興味がある!

そんな方にお勧めはサードメディスン入門講座です!

たった6時間でメディカルアロマの基本が学べ、しかも翌日からすぐに使える実学的な講座です。
『精油って何?』から『精油の薬理作用』や『作用機序』、『禁忌事項』から『濃度計算』まで…明日からすぐに使える講座です。
当店での開催は直近では10月31日(火)&11月1日(水)の2回コース(ともに10~13時)があります(※残席2)
この他の日程でも随時開催中!
Skype対応もしております。詳細はコチラより、お気軽にお問合せ下さい!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る