ブログ

妊活応援アロマ【その1】

さて昨日のブログに引き続き、本日はクローブ精油のポテンシャルについて語らせて頂きたいッ!!

クローブ精油は精油の芳香成分類の中でも、もっとも抗菌力が強いと評されている『フェノール類』を全体の8~90%も含んでいます。
そう、クローブ精油はめっちゃ抗菌力の強い精油です。
ですから消化器の感染症とか水虫のケアなんかに用いられることも多い。。
(…あ、消化器感染症は普通に病院行ってくださいネ、大事に至る前に!
これは私の持論ですが、私は医療従事者ではないので医学的な専門知識はありません。もちろん診断もできない。
なので感染症などにならないよう予防として、また病院などで治療して急性期を越えた後のケアとして自己責任でアロマテラピーを取り入れております)

そんな抗菌力の強いクローブ精油ですが。。
私はこの精油、妊活を頑張っている方にお勧めしたいです!

妊活を頑張る人の中でも特に『悩みやすい人に!』
具体的に言うなら自分が何故妊娠しないのか、その理由を知りたくて夜な夜なネット検索をしてしまっているアナタにお勧めしたい!

自慢じゃないけど、私は結婚7年目で子どもが出来、今では二児の母ちゃんです。
7年も出来ませんでしたから、もちろん不妊治療もしました。お医者さんからはあなたは自然妊娠はあり得ないと断言もされました!
ちなみに主人は問題0でした。自分は欠陥品なんだなぁ。。。と思ったし、主人や主人の家族にも申し訳ないしでなんか悲しかったことを覚えています。

昔の私と同じよう妊活で苦労されている人がいたら、なんか応援してあげたくなるんです。個人的に。
なのでちょっとアロマレシピ、考えてみました!!

【悩みやすいタイプの妊活応援アロマ】

●クローブ…5滴
子宮収縮作用が期待できます。子宮収縮が妊活応援??分娩促進なら意味分かるけど…?と思ったアナタ!ナイスです。
私予測では、悩みやすいタイプまた上記のように細かいところまでしっかり理解したいと思うタイプの方は子宮が活性化していない可能性が考えられます(※この予測にはサードメディスン理論を用いてます)
だからとにかく子宮を動かすのです!動きが出れば活性化する!
フェンネル…5滴
あまり知られてないけど、婦人科の活性化には超優秀精油です。アンスリールにある100種類ほどの精油の中で、もっともエストロゲン様作用が強いのはこの子!通経作用も期待出来るので無月経の方にもお勧めしたい精油です。精神活性作用も期待出来るので、悩み過ぎて自分が欠陥品だと感じてしまっている気持ちの萎みにも効果が期待できます。

●ゼラニウム・エジプト…5滴
身体的・肉体的・性的強壮作用が期待できます。また交感神経安定、副交感神経安定作用も。悩み過ぎで、どんよりしている心身に活を与えてくれつつも、皮膚刺激が少ないということでこの子をチョイスしました。
また妊娠後も妊娠線予防にむっちゃ使えるので、今買っておいて損はなし!

●ローズウッド…5滴
おだやかな催淫作用が期待できます。妊活には大事な働きですね!まずはパートナーを大事に思う気持ち、そしてパートナーとのスキンシップを楽しむということを忘れないで欲しいですm(__)m
ちなみにローズウッドも妊娠後でもスキンケアなどにフル活用できます✨

以上をキャリア油で5mlになるように希釈して12~18時に下腹部5滴ほど塗布します。

※クローブ精油は妊婦さんには使用できません
※フェンネル精油は妊婦さんや、てんかんをお持ちの方、ホルモン依存型癌疾患、乳腺症をお持ちの方にはお使い頂けません。

さて妊活を応援したい強い想いがまだまだ止まりません!
明日もシリーズ、妊活応援アロマの続編を送りします~◎

 

色々な健康法や療法は知ろうと思えば知れますが、どれが自分に必要か、フィットするのか?
その方法が簡単にわかる方法はないのか?と思った事はありませんか?
サードメディスン理論とは精油から体質や状態を簡単に読み解く発明と、様々な健康法や療法を分類する法則の発見で成り立つ理論です。

アンスリールでは
STEP1サードメディスンの世界へ誘うサードメディスン入門講座
STEP2自分でサードメディスンチェックが出来るようになるサードメディスンアドバイザー基礎講座
を開講しております。

認定講座開催スケジュールなどはこちらよりご確認頂けます。
皆様のご参加を心よりお待ちしております!

お申し込みお問い合わせはこちらからどうぞ。
また、お電話やFacebookメッセージ、LINEからも受付中です。

LINEの登録も募集中です(^^)
友だち追加

あ!あと明日はアンスリールOPEN DAYです!サードメディスンのこと、アロマの事ちょっと聞いてみたい!ちょっと冷やかしに行ってみたい。。。等々なんでもありです!
お気軽にお運びくださいませ~(^^)/

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


ページ上部へ戻る